Entries

覚悟

久しぶりの更新なので、今回は少しだけ真面目なことを書きます。
今年、私の愛してやまない旧司法試験を受験する、今これを読んでくれているあなたに向けてです。

毎年の風物詩だったこの平等な試験も、今年で終わりです。
今日は暖かかったですね。
あなたは今、どんな毎日を過ごしていますか。

不安で胸が張り裂けそうかもしれません。
時には、不平等さに対する怒りを感じているかもしれません。
けれど、ひたすら勉強しているはずです。
来る日も来る日も、真剣に勉強しているはずです。

そんなあなたに掛ける言葉を、私は自分の経験の中からしか探すことができません。
今回は、それを少しだけ。
受験時代の思い出話です。

でも、その前にひとつ、あなたに問わせてください。
もし、もうすぐあなたが死ぬとわかったら、あなたは何をしますか。



受験生時代、私は受験生のまま死ぬことがとても怖かった。

もちろん、自分で選んだ道です。
自分の責任なのはわかっている。

けれど、明日のためにこれだけ歯を食いしばって勉強している、
それこそ食べるものにも着るものにも不自由して勉強しているのに、
もし合格前に死んでしまったらどうなるのか。
全ての努力が水の泡になってしまうではないか。

若いくせに、当時はそんなリアルな不安に駆られることがたびたびありました。
もしかしたら、今のあなたもそうかも知れません。


でもね。
ある時、ふと、素直に確信したことがあります。


自分は、勉強をするだろうということ。
本試験まで生きられなくても、それでもこの試験を勉強するだろうということ。


素直にそう確信したことは、自分にとっても大きな驚きでした。
私の信条でもある、淡々とした勉強生活が始まったのはそれからです。


・・・と、ここまで書いて読み返してみました。
私もすっかりオヤジになりました。
野暮な話はまた後日。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://goakio.blog95.fc2.com/tb.php/54-76019e7a

0件のトラックバック

10件のコメント

[C79] 私もです

 私も同じです。勉強します。
 最初は、酒を浴びるほど飲むとか、何か好きなことをすることを考えていたのですが、やはり勉強します。勉強を好きではないです。早く終わりたいです。でも、勉強するんだと思うんです。(某塾長みたいですが)それが運命だと思うんです。うまく言えないですが。
  • 2010-02-10
  • 塾長代行
  • URL
  • 編集

[C80]

呉先生もそう感じる時期があったのですね。
自分も普段は、まともな服装をしていますが、道を歩いていてホームレスの方がいると「近い、非常に近い」と感じています。
そう感じつつ、日々淡々とやっていくしかないと感じています。
  • 2010-02-10
  • いち塾生
  • URL
  • 編集

[C81]

・・・なるほど。僕は、想像しますね。もうすぐ死ぬとしても。自分が合格する姿を、毎日勉強している姿を。塾長や呉さんと握手してる姿を。そして、合格後にこんなことをやっているんだと、こんなに楽しいんだと、想像して、夢を見ます。(ただぼーっとしてるだけという噂も・・・笑)
でも、やっぱり最後は勉強に行きつく・・・かな。それ以外やる事ないんですよね。今のところ。
起床 ⇒ 勉強 ⇒ 想像してニヤつく ⇒ うぉ~ってなる ⇒ さらに勉強 ⇒ 想像してニヤつく ⇒ 就寝 
みたいな生活を送ってるロー生です。いやいや、変人ですね(笑)
  • 2010-02-11
  • 元体育会系塾生
  • URL
  • 編集

[C82] ありがとうございます。

 呉先生、ありがとうございます。勇気と元気がわきました。
 たとえ、今年で旧試験が終わりになろうとも、ただ淡々と、全力をつくすのみです。
 そして、10年後、「昔の司法試験は、どんな生まれや、境遇の人にも、平等にチャンスが与えられていた、とても、公正な試験だったんだ。あのときは楽しかった。」と言えるようになっていたいです。
  • 2010-02-12
  • 身の邁進
  • URL
  • 編集

[C83] 淡々と…

呉先生、ありがとうございます、心にしみました。

昨年論文試験落ちて、行政書士事務所の開業報告をさせてもらった旧在宅生です。
一度は撤退した旧司ですが、年明けからまた勉強を始めました。
勉強時間は今までの数分の1しかとれませんが、淡々と勉強を続けます。
試験結果がでるまで、淡々と…

[C84]

私は不安になる程真剣に、司法試験の勉強をしたことはありませんでした。
真剣に勉強したこともないのに、所詮自分には叶わない難しい試験だからと、勉強を辞めようと思っていました。
今日このブログを見て、何て自分はちっぽけな壁に躓いてたんだと気づかされました。今までの僕は受験生と名乗ってはいけない人だったと認識出来ました。
これからは、「受験生」になって、本当の険しい道を進んで行きたいと思います。前から申し込もうと考えていた呉さんの講義を受けて、難関法科大学院に絶対合格してやるぞー!!
  • 2010-02-14
  • もうすぐ27歳。(やばいよー!)
  • URL
  • 編集

[C85]

日本テレビのドラマで主人公の机に呉先生の本がおいてありました。
大変わかりやすい本です。
全巻そろう日を楽しみにしています。

[C88] 頻度が

 もちろんブログの一読者としての、法的拘束力のない意見ではありますが、もう少し、マメに更新をしていただけると、うれしく思います。
 呉先生の記事によって、少なからず勇気をもらっているからこそ、思うことであります。
 お忙しい中、時間的制約があり困難であるのであろうということも重々承知でありながら、やはり期待してしまう部分もあるわけでありまして、その点、配慮いただけたら、うれしく思う次第であります。
 失礼しました。

[C89] 同感です

ある講義の途中の雑談の中で、塾長が本科生コースを解約した人の話をしました。
その人は、不治の病に罹り、余命わずかのために、解約したそうです。
そのとき、自分ならどうするかを考えました。
明日特効薬ができることを信じ、やっぱり勉強し続けるでした。
おかげで、時間はかかりましたが、合格しました。
怖いでしょうが、残り1回の試験に向かってがんばってください!!
  • 2010-02-28
  • 修習生
  • URL
  • 編集

[C136] お久しぶりです

先生は覚えていらっしゃらないと思いますが、私は先生にお世話になりました。実は私は、インターネット上に論文を掲載しており、ぜひ先生にお読みいただきたいと思っています。景気・財政・環境問題の対立を統合的に解決するものです。
タイトルは「使用権で調整する経済」です。すぐ検索できます。
  • 2011-02-05
  • 野中 健太郎
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

呉 明植(ごう あきお)

Author:呉 明植(ごう あきお)
2000年より、伊藤塾で法科大学院・司法試験の講師をしています。
このブログについてのご意見・ご感想は、コメント欄またはメール(akiogo@itojuku.co.jp)へどうぞ。

ブログ内検索

FC2カウンター