Entries

択一試験発表

今日は択一試験発表の日。
いよいよ、論文へ向けた勝負が始まりました。
私としても一番緊張感のある時期です。

択一に合格したようですね。
まずはおめでとう。
しかし、これから論文試験です。
今こそ、勝負の時がきました。
論文本試験の楽しさを味わえる特権が、あなたにはあります。
ならば、とことん味わいつくしてください。
正直、私にも受けさせて欲しい。
あなたの名前でいいから、受けさせて欲しい。
忘れないでください。
あなたには一番の特権があるのです。

択一に失敗したと聞きました。
それがどうしたのですか。
この試験の原則は不合格です。
くやしいでしょう。
泣きたいでしょう。
当たり前です。あれだけ勉強したのですから。
ならば、なぜ、今のこの時間に勉強しないのですか。
こんな下らない日記を読んでいるのですか。
あっという間に次の試験は来ます。
私も、色々経験してきました。
その中で、わかったことがあります。
かつての私もあなたと同じです。
たったひとつの決意で、人生は大きく変わります。

全ての人に、私は問いたいのです。
今、あなたがやらなければいけないことは何ですか。

私が愛してやまない、このうえなく平等な試験制度ももうすぐ終わります。
私は、真剣勝負をしている受験生が好きです。
だから、私も頑張ってきました。
真剣勝負だから、死ぬほど仕事をしてきました。

当たり前です。
私も、受験生も、この世界、全員が真剣勝負です。
私は頑張っています。
一方的には応援できません。
だから私も襟を正して頑張っています。

ですから、お願いです。
論文を受ける方も、受けない方も、真剣勝負をしてきてください。
決して、あきらめないでください。

私もあきらめません。
だから、あなたもあきらめないでください。

推敲せず、本音をそのまま書きました。
曲解をしてもいい。
ただ、頑張って欲しい。
負けないで欲しい。

行け! 

勝負だ!!

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://goakio.blog95.fc2.com/tb.php/7-9627c820

0件のトラックバック

Appendix

プロフィール

呉 明植(ごう あきお)

Author:呉 明植(ごう あきお)
2000年より、伊藤塾で法科大学院・司法試験の講師をしています。
このブログについてのご意見・ご感想は、コメント欄またはメール(akiogo@itojuku.co.jp)へどうぞ。

ブログ内検索

FC2カウンター